飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ
飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ
飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ
飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ
飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ



牛丸敏彦(うしまるとしひこ)
ロングセラー「ウィルダネス」をはじめ、歴代のモデルをデザインしてきたデザイナー。常に座り心地がいい椅子を追求してきた。CIVILでは、シンプルなフォルムと木の優しさを表現。


白木 直(しらきなおし)
柏木工の家具の風合いを生み出す塗装の名工。腕前はコンクールで知事賞等を受賞するほど。家具修理の際、時間を経て変化した色に合わせ、違和感なく仕上げるという名人技をもつ。



 暮らしには、百人百様のスタイルがある。都市で暮らす人、田舎で暮らす人、大家族や核家族、年寄りや子どもたち、男系家族、女系家族…。人それぞれに生き方や生活感が違って当たり前である。衣も食も、わがままなほど選ぶことができるようになった現代、いまだ遅れをとっているのが生活空間。食事ができればいいというダイニングルーム、テレビが見られればいいというリビングルーム。目覚しい経済成長を遂げた日本人のインテリアを振り返ればどこも同じ、大量生産で生まれた家具で埋め尽くされているのではないだろうか。
  柏木工の家具には、つくり置きがない。見込み生産を一切行わず、すべての製作は注文を受けてから始まる。テーブルの天板、椅子の座面、それぞれに違った形と大きさから、名工たちの手によって家具が仕上がっていく。住宅条件、好み、体型、仕事、家族の構成など、さまざまな生活環境を受け止め、「誰か」のためではなく「あなた」の家具を作るという家具づくりである。柏木工は、家具ありきではない。まず「人」ありきという認識にたったメーカーである。 


 柏木工が提案するCIVIL(シビル)は、「新しい日本の暮らしのスタンダード」を追求し、デザインと機能性に富んだ都市生活者向けのシリーズ。シンプルでフレキシブルなスタイリングは、使う人の個性に応じた自由な生活空間を生み出す。あえて素材感や意匠性を強調せず、ナチュラルでピュアな家具でありたいと考えた。イメージを固定せずに使いたいとき使う家具、一人の時でもオシャレに、友人が集まる時はさりげなく、生活というファッションスタイルを演出する。
 朝食は誰と?ティータイムのお菓子は?仕事の打ち合わせに来る人は何人?夕食のメニューは?夜のくつろぎはシネマ、それとも読書?おやすみなさい、明日もすこやかに…。家具が語りかける「あなた」への言葉。家具の中の暮らしではなく、人の暮らしの中にある家具、それがCIVILである。


 家をリフォームしたり、引越しをしたりすると、それまで使っていた家具の居場所がなくなってしまう。天井や壁面の素材、ドアの色などと家具がマッチしないことにストレスを感じることさえある。
 柏木工は家具と同時に、建材のプレゼンテーションも行っているユニークなメーカー。インテリアを総合的にプロデュースすることで、安らぎの空間を提供し、家具もまた暮らしの中のポジションを得る。トータルコーディネートされた生活空間の中で、夫婦や家族の新しい絆が生まれ、より快適で健康的な暮らしをおくることができる。人と家具との関係を見つめ続けてきた、柏木工だからできる提案である。
 人の「個」を失わない家具、生活のシーンの見える家具、そして愛され続ける家具。飛騨から発信する日本の新しいスタンダードは、伝統を超えた現代の匠の世界観である。


CIVIL(シビル)シリーズ
パソコン1台、メモを取るスペースがあればいいというミニマムな発想から生まれたデスク。
CIVILシリーズを用いてリフォームしたマンションのLDルーム。


牛丸さんが一番最初に描いたCIVILのラフスケッチ。

家具と建具の調和があってこそ、インテリアは完成する。

木の香りが快いキッチン。(参考)

飛騨高山 暮しのギャラリー
高山市上岡本町1-260
TEL0577-32-7288
営業時間9:30〜17:30/無休(年末年始を除く) 

J-ホームスタイル
東京都中央区晴海1-8-12 晴海トリトンスクエア
TEL03-5166-8321
営業時間11:00〜19:00/水曜日定休
http://www.j-homestyle.com
☆10月1日名古屋店オープン! 
【問い合わせ】
KASHIWA 柏木工株式会社  
高山市上岡本町1-260
TEL 0577-32-3150 ・ FAX 0577-34-7417

http://www.kashiwa.gr.jp

COPYRIGHT(C) SARUBOBO CLUB 2003 ALLRIGHT RESERVED